ねこ



この度、私の勤務する『みずのき動物園』が動物たちの生まれ故郷である京都府亀岡市にて凱旋開園される運びとなった。

『みずのき動物園』は絵画として生まれた動物たちを映像という檻に入れて持ち運び、間近で気軽に観察できるようにした移動式の動物園だ。

亀岡での開園期間中は飼育員である私の飼育日記がここにブログとして公開されるらしい。

人に見せるために書いてないので無愛想で申し訳ないが、他ではあまり見ることのない動物たちの素顔に触れられる記録にはなると思うので興味があればどうぞ。


今日は開園に先駆けて、特に付き合いの長い動物を一頭だけ紹介したい。

トラのような大きさのこの「ねこ」は私が動物園に配属された当初からずっとこうして遊んでくれている。

牙が私に食い込んでちょっとした騒動になったこともあるが、決して消化はしないで元の姿のままおしりから排出してくれる優しい子だ。


『みずのき動物園』には他にも楽しい動物たちがたくさんいる。



 

映像の原画:小笹逸男《ねこ》1982、小笹逸男《帽子と人》1981(みずのき美術館所蔵)

映像の音楽:半野田拓/アルバム「トルコインセンス!!! 」トラック6 より